[ホームへ戻る] [English Page]
アルミミラー ロゴ

アルミニウムに光輝性金属で、表面処理したユニークな新金属

表面反射が鮮明なアルミミラー 金属鏡やプラスチック鏡の利用も多くなってきましたが、プラスチック鏡は壊れやすく、気温によって変形したり、ゴミがつきやすい欠点があり、金属鏡は重量がかかり、その利用は制約されてきました。
わが社は、これらの欠点をおぎない、軽いアルミニウムの特性を生かし、光輝性金属を表面処理する優れた新技術を開発、広く利用できるアルミミラー(アルミ鏡)を作り出すことに成功しました。この技術はいちはやく、広く海外にも反響を呼び幾多の採用例を生んでいます。
すばらしい特性をもった、このアルミミラーを皆様のアイデアで広くご利用いただけるようおすすめいたします。

 


お客さまのご要望にお答えして               
アルミミラーを多種サイズで販売する事になりました。

用途 : 小物ケース、仕切り、ネームプレート,計器板、工作、インテリアなど
仕様 : 素材アルミ、クロムメッキ、バリ取り加工済             
 

  0.8mm
寸法(mm)
 
重量(g)
100×100
 
22
200×300
 
144
350×350
 
293
B5サイズ
 
112
B4サイズ
 
224
A4サイズ
 
149
A3サイズ
 
298

                        ( 税別 送料別)

ご注文は一枚からでも結構です。     
お支払いは佐川急便の代引きとなります。
送料別                       

お問合せはこちらから

 

 

 特性
パニティミラーにアルミミラーを使用
パニティミラー
軽量で加工や施工がたやすく取り扱いが簡易です
ガラス鏡のように割れない
樹脂鏡のように燃えない[不燃材]
表面反射が鮮明で、熱伝導がよく、”くもり”が僅少
耐久性が優れています

 用途
工業用計器の部品にアルミミラーを使用しています
工業用計器 その1
鏡の機能を必要とする用途
軽量を必要とする用途
曲げ、打抜き、部分加工、切断等を必要とする用途
安全性を必要とする用途
装飾性[シルク印刷等]を必要とする用途
その他、特殊な用途
アルミミラーを使用している部分の拡大写真
工業用計器 その2
※赤線部アルミミラー

 応用
娯楽場の内装に数多く採用されています
娯楽場内装
[建築外装材]
沖縄海洋博/三菱未来館・みどり館採用

携帯電話部品、インテリア(壁面・天井)、ディスプレイ、反射鏡(航空宇宙関係)、照明器具、家具・日用品雑貨、計器板、教育機関、太陽熱利用など。

蒲田東急プラザの内装にアルミミラーが採用されています
蒲田東急プラザ内装

 製品規格

板 厚 寸 法 荷 姿(1梱包) 1枚当り重量
0.8mm 400 X 1,200mm 15枚 1.040kg
上記を建築材料に使用される場合は360mm×1,150mmの有効寸法になります。ご注意下さい

 アルミミラー価格表(設計価格)

板 厚 寸 法 単価(1枚) ※2 荷 姿(1梱包) 素材重量(1枚)
0.8mm ※1 400 X 1,200mm ご相談下さい 15枚 1.040kg
※1上記を建築材料に使用される場合は360mm×1,150mmの有効寸法になります。ご注意下さい。
※2配送には別途費用が掛かります。
アルミミラーは1枚からでもお受けします。

 試験結果

武蔵工業大学 表面研究室による試験結果

板厚0.5mmにメッキ層15〜25μを有するアルミミラー〔アルミ鏡〕についての試験結果は次の表に示す通りです

試験項目 試験方法 試験結果
比重 ――― 約3.3
引張り、強さ ――― 約20kg/mu
伸び ――― 約1%以下
密着性 90℃折り曲げ(JIS・H・8615) 剥離なし
切断機による切断
エリクセン0.6mm押出後
230℃×10min→空冷の繰返し(100回)
耐蝕性 塩水噴霧実験
JIS Z 2371による5%
NaCl35℃110時間
異常なし
キヤス試験
JIS D 0201による3サイクル(48時間)
硬度 マイクロビッカース硬度(荷重20g) 400〜430
耐衝撃性 デュボン式 1/4鋼球荷重300g 落差200mm 衝撃部割れ 剥離なし
耐熱性 170℃×116時間加熱後 表面状況変化なし
加工性 表面に亀裂の生じない最小曲げ半径 約1000R
光沢性
(45℃鏡面反射率)
メッキ材のまま 60±1%
塩水噴霧試験(JIS Z 2371)72時間後 60±1%
170℃×116時間加熱後 60±1%
耐水性 水道水常温20日間浸漬 異常なし

◎手入れ方法 「グラスター」等ガラス磨き剤をご使用ください。

このページの一番上に戻る
Copyright (C) 2003 YOYO Limited Liability Company All Rights Reserved.