[HOMEに戻る]

事例@アルミ形材1900m/mのメッキが出来るまで

メッキ槽Aタイプ 「キャリアー式全自動Ni,crメッキ装置」
キャリアー式全自動ラインでアルミ上に半光沢、光沢ニッケル、シールニッケル、クロムメッキが出来ます。
ランダムでメッキの厚みも指定出来ます。

※写真をクリックすると別画面で拡大します

@ 品物が治具に付けられこれからメッキ工程に入るところです。
A 70℃位の脱脂槽に入れて表面の油汚れ
やゴミを取り除きます。
B 亜鉛置換タンク、茶色の液体です。
(高価な薬品です)
C 一番大事なポイント、アルミにメッキする為に表面に亜鉛を置換させています。
色が少しグレーに変化しています。
D ニッケルメッキをするタンクです。
約40分ほど入っています。
厚くきれいにするところです。
最大長さ2000mm、幅400mm、深さ1200mmまで処理することができます。
E シールニッケルメッキをするタンクです。
耐蝕性を高めます。
F 最終処理、クロームメッキをしているところです。
最大長さ2000mm、幅400mm、深さ1200mmまで処クロームメッキ理することができます。
G クロームメッキ処理後の状態です。
茶色になっていますが、この後水洗、湯洗してきれいになります。
H メッキされた品物の表面に付いた薬品を洗い落とすタンクです。
I 水洗タンク
J 湯洗タンク
K きれいにメッキ処理されました。
後は包装してお客様のところへ。
このページの一番上に戻る  トップに戻る
Copyright (C) 2003 YOYO Limited Liability Company All Rights Reserved.